代理店、直販、通販はどう違う? - 日本で一番安い火災保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代理店、直販、通販はどう違う?

火災保険などは何らかのつながりで契約に至ることが多いため、
「代理店を選ぶ」という感覚を持つ人はまだ少数派かもしれません。

しかし、保険を選ぶのと同じように、代理店選びは私たちが上手に保険に加入して、
ムダなく活用する上でとても重要なことなのです。

火災保険はどうしても「住宅ローン」との兼ね合いで「銀行」の紹介で・・・・
加入される方が多くいらっしゃいます。

銀行のような金融機関には損害保険代理店を子会社に持っていて、
その子会社に契約させて管理させれば一番楽な訳です。

一時期はその契約方式がほとんどでしたがいわゆる「圧力募集」
つまり融資してあげるから、火災保険はうちの子会社で契約して・・・というスタイルが
金融庁で強く禁止されてからは火災保険の加入は住宅ローンの際も自由になってきています。

いまや自動車保険、生命保険の通販型がテレビコマーシャルで流れていますが
火災保険こそ「事故が一生に一回ないのが当たり前」で保険請求の機会は
ほとんど無い訳ですから通販型で十分であると思われます。

ここから複数社の見積もりがいただけます、保険料はもちろん安いですよ~






スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。