火災保険の「構造級別」について - 日本で一番安い火災保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火災保険の「構造級別」について

建物の構造によって、燃えやすさなどが異なり、火災保険の保険料も異なります。

その危険(リスク)実態に応じた区分のことを「構造級別」といいます。


建物の構造とは、その建物が柱、壁、屋根などにどのような材料を使い、

どのような工法によって建てられたかということです。


建物の構造により保険料は異なるため、火災保険を正しく契約するには、

建物の構造を正確に把握し、構造級別を判定することが必要です。


建物の構造級別は、木造・鉄骨造・コンクリート造などの「建物の種類」、

および建築基準法等の法令上の「建物の性能」から判断します。


「建物の性能」は、耐火建築物・準耐火建築物、省令準耐火建物に区分できます。

85.png


火災保険の契約時に迷われるのが「構造級別」です。


残念ながら、プロであるはずの保険代理店でも間違えているケースが散見されます。

構造級別が一つ違うだけで、年間の保険料が数十%以上変わってくることもありますので、

ご契約者さまにとってはたまったものではありませんよね。



通販型で火災保険を契約する際には

建築確認申請書、住宅のパンフレットや施工業者などに

充分な確認をしてお申込みください。

お電話でのやりとりになりますが十分に可能です。



















スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。