2015年10月以降の保険始期契約より保険期間は最長10年。 - 日本で一番安い火災保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年10月以降の保険始期契約より保険期間は最長10年。

2015年10月以降の保険始期契約より、
保険期間が最長10年までに制限されます!


近年の地球温暖化研究によると、自然災害の将来予測については

不確実な要素が増していることが明らかになってきており、

火災保険においても長期のリスク評価が難しくなったことから

火災保険の参考純率を適用できる期間の上限が10年に制限されました。



【参考純粋改定の概要】

上記を受けて火災保険の参考純率を適用できる期間を見直しました。

1.住宅総合保険の参考純率を全国平均で3.5%の引き上げ
2.参考純率を適用できる保険期間の上限を10年に制限



参考純率とは

損害保険の保険料率は、事故が発生した場合に保険会社が
支払う保険金にあてられる部分(純保険料率)と、
保険会社が保険事業を営むために必要な経費等に当てられる部分
(付加保険料率)からなっています。
この内「純保険料率」は損害保険料率算出機構が算出し、
「参考純率」として会員保険会社に提供しています。
参考純率の改定を受け、会員保険会社は、個社の実績や
「付加保険料」等を総合的に勘案して各社の保険料率を算出します。



火災保険でこんな疑問・・感じた事ありませんか?

  私の家にピッタリの補償を選べたらいいのに。

他社の見積り検討中だけど補償内容がわからない・・・この補償内容で大丈夫?

長い期間の火災保険は高いんじゃない?

住宅ローン対応の火災保険は?



火災保険は、全て同じ保険料ではありません。

10社、一括見積で比較してみましょう。











スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。