住宅火災の発生原因 - 日本で一番安い火災保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅火災の発生原因

火災保険をご契約するにあたって、一般的にどのような原因で火災が起きているのでしょうか?
ここでは、統計データを元に住宅の火災原因についてご理解いただきたいと思います。

住宅火災において最も多い発生原因は、「こんろ」によるものです。その中でも最も多いものは、
消し忘れによるもので、「こんろ」における火災の約3分の2を占めます。
実際に、当社の支払事例の中でも、「こんろ」の消し忘れによる火災が発生しています。

続いて、2番目に多い火災の発生原因は、「たばこ」によるものです。
こちらの事故は、「投げ捨て」によるものが半数以上を占めています。
「たばこ」の吸いがらが路上に捨ててあるというケースは、少なからず見たことがあると思います
これらが、火災の原因となることもあります。

3番目に多い火災の発生原因は、「放火」によるものです。
こちらは、火災全体で見ると、現在最も多い発生原因となります。
近所の方とも協力した放火発生の防止対策が必要となります。

上記に挙げたもの以外には、「ストーブ」や「火遊び」といった原因で火災が発生した例があります。

ほとんどが人災なんですね・・・






スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。