そもそも火災保険って? - 日本で一番安い火災保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも火災保険って?

火災保険とは、火災や落雷、爆発、風災、雪災などによって
保険の目的(住宅なら建物や家財)に損害を被った場合に補償される物保険です。

火災保険は住宅用のものと事業用のものに分類され、
保険の目的の所在地や建物の構造、火災保険商品などによって保険料が異なります。

つまり普通一般の住宅で火災保険を検討する場合、その保険の目的は建物と家財ということになります。


ここで保険の用語の説明を・・・・

保険の目的・・・・・保険が付いている対象物(建物、家財・・)
保険契約者・・・・・保険料を支払う人
被保険者・・・・・・・保険の目的の所有者
保険料・・・・・・・・・保険契約者が支払う金額
保険金額・・・・・・・保険の目的に付ける支払い最高限度額
保険金・・・・・・・・・事故の際に保険会社から支払われる金額

どうですか?
大体解かりましたでしょうか?

火災保険の補償内容

実際に契約をする場合、今では火災保険にもさまざまな種類があります。
一般的に火災、落雷、破裂・爆発、風災、雪災、雹災、外部からの物の落下・飛来などは対象になります。

補償範囲が広くなるほど保険料は高くなりますが、住まいの環境や取り巻くリスクを考慮して必要な補償
を選択しましょう。
その際どこまで火災保険で補償されているのかをよく確認して契約することが大切です。

こちらでご相談ください↓↓







スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。