保険金額はどうやって設定するか? - 日本で一番安い火災保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険金額はどうやって設定するか?

火災保険の契約にあたっては、建物または家財といった保険の対象となる「財物」を正しく評価する必要があります。

なぜなら、火災保険の保険金額は、契約時の評価額を基準として設定するからです。

建物や家財が正しく評価されず適正な保険金額の設定がなされないと、
損害額どおりの保険金が支払われない場合があります。

例)一部保険
  評価額よりも少なく保険金額を設定している場合
  全損事故の場合には問題ないのですが部分損害の場合
  修理金額の支払いがその付保割合で支払われる。

  超過保険
  一部保険よりは事故の際には問題なく支払われますが
  なにより保険料が無駄になります。


特に建物の評価額は年月の経過とともに変動しますので、
契約を締結するときだけでなく、契約を更新する都度、建物の価値を正しく評価したうえで、
保険金額を定期的に見直すことが必要です。

一般的には建物の保険金額はその建物の時価額で設定するのが普通です。

その算式は
  時価額 = 再調達価額 − 経年減価額(経年・使用による消耗分)

また、進化保険と言って再調達価格で保険金額を設定することもできます。

ネット加入でも十分に相談にのっていただけますのでご気軽にどうぞ





スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。