火災の原因 - 日本で一番安い火災保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火災の原因

乾燥するこの季節に多い火災事故。

その出火原因は、ほとんどが失火(過失からの火事)です。

その他は放火が全体の2割を占めています。

火事の原因で多いものや、意外な要因をまとめてみました。



1位:放火(12.9%)

出火原因の第1位となっている放火。
4位の放火の疑いと合わせると、20%にのぼります。


2位:こんろ(10.1%)

天ぷら油からの出火などは、これに含まれます。
消し忘れなどから起こることが多いです。


3位:たばこ(9.6%)

平成16年~20年も、トップ3には必ずいた「たばこ」。
寝たばこによる出火や、ポイ捨てによる出火などが挙げられます。


4位:放火の疑い(8.5%)

平成16年~21年まで、不動の4位である「放火の疑い」。


5位:たき火(5.4%)

風にあおられた火の粉が飛び火したり、火の消し忘れなどで起こります。


6位:火遊び(3.6%)

火遊びには、ライターが最も多く使われています。
これによる幼児・児童の死亡例もあります。


7位:火入れ(3.1%)

火入れ…土地を肥やす、山野の枯れ草や雑木などを焼くこと。(野焼きなど)


8位:ストーブ(3.1%)

石油ストーブからの出火が主となっています。


9位:電灯・電話等の配線(2.9%)



こんなことから?意外な原因・・・


"ゴキブリ・ネズミ"

壁付きコンセント内の端子間に堆積した害虫や害獣らの死骸や排泄物を介し、
出火した事例もあります。


"ペット"

ペットによる出火事例として、
・ハムスターや犬猫などが電源コードをかじった
・スポットライトを落下させ、熱で出火
・テレビの上を寝場所としていた飼い猫の毛や嘔吐物が,テレビ内に入り込み出火
などがあります。


"スプレー缶"

ゴミの中に中身が入ったまま出されたスプレー缶やガスカートリッジ缶が混じっており、
ガスが噴出し、ごみ圧縮時に発生した火花が引火。


"自動車エンジン室の「ぞうきん」「軍手」"

長期間使わなかったトラックでは、枯れ枝で作られた鳥の巣が原因で、走行中に発火したケースも。


"アロマキャンドル"

周囲の可燃物に引火する事例が増えています。


"直射日光"

事例として、電源を切っていたノートパソコンが、
長時間直射日光に当たり発火したものがあります。


どうですか?

意外な原因もあるものですね。


火災はたとえ「もらい火」でも賠償請求できません。


※失火の責任に関する法律

条文
民法第七百九条ノ規定ハ失火ノ場合ニハ之ヲ適用セス但シ失火者ニ重大ナル過失アリタルトキハ此ノ限ニ在ラス
(民法第709条の規定は、失火の場合には、これを適用せず。ただし、失火者に重大なる過失ありたるときは、この限りにあらず。)

不法行為責任の一般原則について規定した民法709条によれば、失火により他人に損害を与えた場合、失火者は、その失火につき「故意又は過失」があれば損害賠償責任を負うことになるはずである。しかし、日本には木造家屋が多いという事情があったことから、この規定をそのまま適用すると失火者に過大な責任を課すことになることが問題とされた。そのため本法が制定され、失火(軽過失)による不法行為の場合は民法709条を適用せず、「重大ナル過失」(重過失)がある場合のみ損害賠償責任を負い、軽過失による失火の場合は損害賠償責任を負わないとされた。なお、「故意」の場合はそもそも「失火」に当たらないので本法は適用されず、本則である民法709条が適用される。

自分の家は自分で守って下さい。






スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。