賃貸住宅の火災保険 - 日本で一番安い火災保険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸住宅の火災保険

賃貸住宅の場合、部屋は借り物ですから、部屋そのものについては、

建物オーナーが火災保険の契約をしています。


一方で、後から運び込んだ自分の家財道具は、自分で火災保険の契約をしておかなくてはなりません。

「火事なんて出さないし」とか言わないで下さい。

日本では民法の特別法である失火責任法があります。

例えば、隣家のちょっとした不注意から起きた火事では、たとえもらい火であっても、

隣家に賠償請求をすることはできないのです。


こうした理由から、自分の家財道具は、自分で火災保険をかけておかないといけない…。

これが賃貸の方にも火災保険が必要な理由です。


賃貸借契約をするとき、何か保険に入りませんでししたでしょうか?

その時保険料として1万円、ないし2万円などを支払っているはずです。


契約手続きの一環として流れるように手続きをすることが多いので、

覚えていない人もいるかもしれません。


実はコレ、賃貸派に不可欠な“非常用グッズ”なのです。

一般に、家財の火災保険と、借家人賠償責任補償、および個人賠償責任補償がセットされています。


家財の保険金額の目安は下記の表の通りです。

10_004s.jpg

一括見積でご検討ください。









スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。